高齢者への見回りはホームヘルパーや介護福祉士だけではなくて、周りの人の見回りも大切です。

女性のための医療資格ガイド

高齢者は見守りが大事

最近は高齢者の一人暮らしが多くなってきました。
それだけに度々、高齢者の孤独死がニュースに流れます。
現在は高齢者の一人暮らしが社会問題化しています。
介護が必要な高齢者は介護施設に入っている人も多いですが、自宅にいる高齢者も多いです。
最近は老老介護が叫ばれています。
老老介護とは高齢者が高齢者を介護する事です。
家族が介護するのも負担が掛かるのに、それが高齢者となると精神的な負担もそうですが、肉体的に大きな負担が掛かります。
それだけにホームヘルパーなどの介護福祉士の存在は大きいです。
もし、介護福祉士やホームヘルパーという職業の人がいなかったら、この高齢化社会を乗り越える事はほとんど不可能です。
それだけに介護施設の場合は介護福祉士、訪問介護の場合はホームヘルパーの力がとても必要です。
ホームヘルパーが高齢者宅を訪問するのは仕事だからという事もありますが、一番大きな目的は高齢者を見守る事です。
若い人の場合はほとんど、昨日元気だったのに、今日、病気になって苦しんでいるという事はありません。
なかにはそういう人もいますけど、ほとんどそんな事はありません。
しかし、高齢者の場合は昨日まで元気だったのに急死してしまったという事が多々あります。
それだけに常に高齢者の状態を把握する事が大切です。
そのために訪問介護に来た時、状態をチェックするホームヘルパーもいます。
ホームヘルパーが来ているからと思わないでいた方が良いです。
高齢者には周りの見守りが大事です。
町の民生員もそうですが、町の人、みんなで見守るという気持ちが大事です。
特に高齢者の一人暮らしで介護が必要な人には見守りはとても大切な事です。
見守りは医療の資格を持っていなくても出来る事です。
それだけに近くに高齢者が住んでいたら、出来る限り、見回りはした方が良いです。
家族と一緒に住んでいる場合はほとんど必要がない見回りですが、高齢者の一人暮らしや高齢者夫婦の二人暮らしの場合、見回りは本当に必要です。
老老介護の場合は介護疲れから介護をしている高齢者の方が倒れるという事があります。
それだけに介護を受けている高齢者の事だけではなくて、介護をしている高齢者の事も見て回らないといけません。
ホームヘルパーもその通りで、介護を受けている高齢者の事だけではなくて、元気な方の高齢者を見る事も大切です。
高齢者を見るのはとても大変な事です。
状態が急に変わる事があるのが一番大変です。

Copyright (C)2018女性のための医療資格ガイド.All rights reserved.