介護をするのは介護福祉士ですから介護福祉士の方が大事かと思いがちですが、ケアマネージャーは相談役としても大事です。

女性のための医療資格ガイド

ケアマネージャーは相談役

介護の仕事と言って真っ先に思い出されるのは介護福祉士です。
その他にもホームヘルパーやケアマネージャーなどがいます。
その他にも資格を持っていない職員も含めると多くの人が福祉施設や介護施設で働いています。
ケアマネージャーは介護が必要になった時、最初に話をする介護職員です。
ケアマネージャーは介護をしてもらうためには欠かせない存在です。
ケアマネージャーは介護をする事はありませんが、どのような介護をするのか決めるのはケアマネージャーです。
ケアマネージャーと相談をしながらどのような介護をするのか、自宅での介護か介護施設に入居させた方が良いかなどを決めます。
ケアマネージャーがいないと介護を行う事はほとんど不可能です。
それだけにケアマネージャーの力は必要です。
間違ってはいけないのがケアマネージャーは実際に介護をするわけではないという事です。
介護をするのは介護福祉士であってケアマネージャーではありません。
ケアマネージャーの仕事は介護の認定を受けた人の相談だけではなくて、介護の申請をした人に対して、何級かを決める検査をしたりもします。
申請をして介護認定される人もいますが、認定されない人もいます。
それに要支援にもなれない人もいます。
要支援でも介護制度を使う事は出来ますが、介護みたいに使う事は出来ません。
介護を受けていると本人もそうですが、家族も相談したくなります。
相談は介護福祉士にする人もいますが、介護に関しての相談は大抵、ケアマネージャーにします。
医療の資格の中でも介護資格は人気が高いです。
資格だけでも取っていようと思う人は多いです。
しかし、ケアマネージャーに関しては、資格を取ったら仕事としてやってみようと思う人は多いです。
ケアマネージャーは相談役でもありますから高齢者からの信頼もそうですが、家族からの信頼も重要です。
家族から信頼を得なかったら相談役の意味をなしたとはいえません。
それだけに介護をする高齢者や障害者の家族からの信頼は必要です。
ケアマネージャーにまず、相談をするのは介護をする時です。
その後も頻繁に相談をする事が大事です。
ケアマネージャーに相談しないで家族の中だけで抱え込まないようにした方が良いです。
介護をする事は神経をたくさん使います。
それだけにストレスにもなります。
しかし、ケアマネージャーなどに相談をしたらストレスも幾分減ります。
ストレスを直力減らすためにはケアマネージャーへの相談は必要不可欠です。

Copyright (C)2018女性のための医療資格ガイド.All rights reserved.